GAME
試合

結果(詳細)

試合日程へ

第14節 2021/05/15(土) 18:03〜 タピスタ(2,188人) 晴 主審:三上 正一郎 副審:日高 晴樹 , 亀川 哲弘

FC琉球
清水 慎太郎 16'
上里 一将 22'
茂木 駿佑 74'
李 栄直 90'
試合終了
4-2
2 前半 2
2 後半 0
栃木SC
乾 大知 3'
西谷 優希 44'
FC琉球

監督 樋口 靖洋

先 発
  • GK 26 田口 潤人
  • DF 7 田中 恵太
  • DF 4 岡﨑 亮平
  • DF 15 知念 哲矢
  • DF 14 沼田 圭悟
  • MF 23 池田 廉
  • MF 20 上里 一将
  • MF 6 風間 宏希
  • MF 8 風間 宏矢
  • MF 13 清武 功暉
  • FW 18 清水 慎太郎
控 え
  • GK 31 猪瀬 康介
  • DF 9 李 栄直
  • MF 10 富所 悠
  • MF 27 茂木 駿佑
  • MF 29 市丸 瑞希
  • FW 21 上原 慎也
  • FW 24 赤嶺 真吾
ゲームイベント
交代
琉球
64' MF 13 清武 功暉 → MF 27 茂木 駿佑
77' FW 18 清水 慎太郎 → FW 21 上原 慎也
87' MF 8 風間 宏矢 → DF 9 李 栄直
栃木
46*' FW 11 ジュニーニョ → MF 13 松岡 瑠夢
46*' DF 36 乾 大知 → DF 22 小野寺 健也
77' MF 10 森 俊貴 → MF 17 山本 廉
77' FW 34 有馬 幸太郎 → FW 38 小堀 空
79' MF 14 西谷 優希 → MF 41 松本 凪生
イエローカード
栃木
60' 19 大島 康樹
65' 22 小野寺 健也
84' 41 松本 凪生
栃木SC

監督 田坂 和昭

先 発
  • GK 1 川田 修平
  • DF 5 柳 育崇
  • DF 36 乾 大知
  • DF 2 吉田 将也
  • MF 16 菊池 大介
  • MF 14 西谷 優希
  • MF 25 佐藤 祥
  • MF 10 森 俊貴
  • FW 34 有馬 幸太郎
  • FW 11 ジュニーニョ
  • FW 19 大島 康樹
控 え
  • GK 15 岡 大生
  • DF 22 小野寺 健也
  • MF 41 松本 凪生
  • MF 17 山本 廉
  • MF 13 松岡 瑠夢
  • FW 32 畑 潤基
  • FW 38 小堀 空

チームスタッツ

FC琉球
合 計
栃木SC
シュート数
  • DF 7 田中 恵太1
  • DF 9 李 栄直1
  • DF 14 沼田 圭悟1
  • MF 6 風間 宏希1
  • MF 8 風間 宏矢1
  • MF 20 上里 一将2
  • MF 23 池田 廉3
  • MF 27 茂木 駿佑2
  • FW 18 清水 慎太郎4
  • DF 36 乾 大知1
  • MF 10 森 俊貴2
  • MF 14 西谷 優希1
  • MF 25 佐藤 祥1
  • FW 11 ジュニーニョ1
CK
直接FK
間接FK
PK
GK
オフサイド

ハーフタイムコメント

栃木SC

・もう一度、自分たちの形を整理すること
・奪った後のミスマッチを冷静に判断すること
・後半パワーアップしてみんなで戦って勝とう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督
今日の試合はかなり、過酷なゲームになることを覚悟して臨みました。やはり、なかなか暑熱順化ができていない状態での試合だったので、選手はかなり疲労と体の重さを感じていました。そういったなかでどのようにして90分を勝ちに持っていくかというところで、少し形を変えて臨みました。今までの栃木のやり方で言うと、最後エネルギー切れになってしまうのではないかなと思って臨みました。その中で良かった面は、しっかりとブロックを作りながら点を取れたことですが、クオリティの部分では正直差が出たなと感じました。なかなかつなげなかったり最後のフィニッシュの精度は相手の方が上だったなと思います。いまずっと失点をしているので、どうやって失点をゼロにするかと言うところで考えてはいましたが、選手の力量も踏まえてまたこれから1週間、しっかり考えながらもう一度チームを作りたいなと思います。
ー布陣を変えて臨んだ試合だったと思いますが、どういう感触でしたでしょうか
できたところとできなかったところがありましたが、想定内のところはありました。特に前半最初はぎこちない部分もあったのですが、だんだん慣れていったかなと思います。あとは、奪った後に完全にミスマッチになる中で、2点目のシーンではミスマッチからボールを運んで点を取りましたので、そういった良い守備から良い攻撃というところは特に前半は出すことができたかなと思います。

■西谷優希選手
ー改めてゴールシーンを振り返っていただけますか
FWの落ちた背後は意識していたので、そこはタイミングよく(吉田)将也が良いポジションでボールを受けることができていたので斜めに走ってみようと思い、良いボールがもらえたので、そこから決めることができました。
ーこれからどのように上向いていけるようにしていきたいですか
僕たちはやることは変わらないので、それをより追求していければと思います。栃木のサッカーを表現できている部分もあるので、ブレずにやり続けて次の試合で必ず勝てるように良い準備をしたいと思います。

■柳育崇選手
ーシステムを変えて臨んだ試合でしたが、今日の守備の評価は
相手の戦術をわかっていたなかで、どこでボールを奪いにいくのかなどそういったところをもっとピッチの中で話さないといけなかったなとやっているなかで感じました。みんなで意思を統一しなければならない中で、僕のリーダー的な存在であるべきなのに自分としてもそこでうまくみんなをまとめられなかったということが一番の悔いの残るところです。

フォトギャラリー