GAME
試合

結果(詳細)

試合日程へ

第13節 2021/05/09(日) 14:03〜 Ksスタ(3,064人) 曇のち雨 主審:中村 太 副審:藤澤 達也 , 船橋 昭次

水戸ホーリーホック
オウンゴール 55'
試合終了
1-1
0 前半 1
1 後半 0
栃木SC
森 俊貴 16'
水戸ホーリーホック

監督 秋葉 忠宏

先 発
  • GK 16 牲川 歩見
  • DF 19 村田 航一
  • DF 2 住吉 ジェラニレショーン
  • DF 4 タビナス ジェファーソン
  • DF 33 三國 スティビアエブス
  • MF 25 平塚 悠知
  • MF 6 平野 佑一
  • MF 15 奥田 晃也
  • MF 8 森 勇人
  • FW 9 中山 仁斗
  • FW 20 ブラウン ノア 賢信
控 え
  • GK 41 中山 開帆
  • DF 3 大崎 航詩
  • DF 24 細川 淳矢
  • MF 14 松崎 快
  • MF 17 新里 涼
  • FW 7 山根 永遠
  • FW 11 安藤 瑞季
ゲームイベント
交代
水戸
53' DF 33 三國 スティビアエブス → DF 3 大崎 航詩
65' MF 8 森 勇人 → MF 14 松崎 快
65' MF 15 奥田 晃也 → MF 17 新里 涼
75' FW 20 ブラウン ノア 賢信 → FW 7 山根 永遠
75' MF 6 平野 佑一 → FW 11 安藤 瑞季
栃木
72' FW 29 矢野 貴章 → FW 34 有馬 幸太郎
72' FW 11 ジュニーニョ → MF 17 山本 廉
78' MF 13 松岡 瑠夢 → MF 16 菊池 大介
78' MF 14 西谷 優希 → MF 41 松本 凪生
87' DF 19 大島 康樹 → FW 32 畑 潤基
イエローカード
栃木
5' 22 小野寺 健也
59' 5 柳 育崇
栃木SC

監督 田坂 和昭

先 発
  • GK 1 川田 修平
  • DF 19 大島 康樹
  • DF 5 柳 育崇
  • DF 22 小野寺 健也
  • DF 26 面矢 行斗
  • MF 13 松岡 瑠夢
  • MF 25 佐藤 祥
  • MF 14 西谷 優希
  • MF 10 森 俊貴
  • FW 29 矢野 貴章
  • FW 11 ジュニーニョ
控 え
  • GK 15 岡 大生
  • DF 4 髙杉 亮太
  • MF 16 菊池 大介
  • MF 41 松本 凪生
  • MF 17 山本 廉
  • FW 34 有馬 幸太郎
  • FW 32 畑 潤基

チームスタッツ

水戸ホーリーホック
合 計
栃木SC
シュート数
  • DF 19 村田 航一2
  • DF 33 三國 スティビアエブス1
  • MF 8 森 勇人5
  • MF 14 松崎 快1
  • MF 15 奥田 晃也1
  • MF 17 新里 涼1
  • MF 25 平塚 悠知2
  • FW 9 中山 仁斗4
  • DF 26 面矢 行斗1
  • MF 10 森 俊貴1
  • MF 14 西谷 優希1
  • MF 25 佐藤 祥2
  • FW 11 ジュニーニョ2
CK
直接FK
間接FK
PK
GK
オフサイド

ハーフタイムコメント

栃木SC

・ゴール前で身体を張れているので続けていこう
・コミュニケーションを取りながら守っていくこと
・相手のセンターバックの裏がチャンスになる、追加点を奪って勝とう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督
ダービーというところで、激しいゲームを予想している中で、前回の試合から準備期間は短かったですが今日の試合は本当に全員が球際や走力であったり、最後のゴール前でよく身体を張っていたシーンもありましたし、そういった意味ではチームのために戦うというところでは前回よりも良かったかなと思います。
本来は勝点3を取れるゲームでしたが、どうしても今クロスのところで失点してしまっているのでそういったところをもう少し修正しなければいけないということと、最後押し込まれはしたなかでなんとかパワーアップしたかったですがなかなかその辺もうまくいかなかったので、そういったところも次は1週間ありますのでもう少し準備したいなと思います。サポーターの皆さんがダービーは特別な一戦だと思っているなかで勝点3を届けられなかったことは申し訳なく思っています。次また良い準備をして戦いたいと思います。
ーかなり押し込まれる展開でしたが、ハイプレスが機能しなかった原因は
相手が工夫してきたわけではなくて、連戦というところで気温も高く、少し重かったなというところはあります。プレッシャーに行っているのだけれど、圧がかからなかったりコンパクトさに欠けてしまうところがありました。相手は自分たちののサイドバックの裏を狙っていたのですが、それに対してこっちが重かったなと。特に前半は重く感じました。
ー琉球戦へ向けて
一気に変わるわけではないと思いますので一つひとつやっていくしかないと思います。今日出た課題や後半になって交代したメンバーでパワーアップをしたかったのですがその辺りでもなかなかうまく行っていないので、そういったことも含めてもう一度準備をしていきたいと思います。90分間を11人だけではなくて、18人のメンバーや今日ベンチに入っていないメンバー、全てのメンバーでパワーアップしていかなければいけないと思っています。

■佐藤祥選手
ー前半から相手がセンターバックの裏へのボールを徹底していましたが、徐々に前で引っかけることができなくなったような印象です
そうですね。水戸が自分たちのやり方の裏を突いてきて、それに対してピッチの中対応するのが少し遅かったかなと思います。
ー田坂監督が疲労の影響もあったという話もしていますがどうでしょうか
疲労であったり自分たちのスライドする判断のスピードは遅かった部分はありますし、相手が自分たちのやり方に対してやってくる回し方に対して少し後手を踏んでしまったと思います。そこで声ひとつで修正できる部分もあったので、そういったところが今日は少し少なかったのかなと思います。
ー厳しい試合だったと思いますが、最後の部分で身体を張って守っていた部分もあったと思いますが
自分たちは身体を張って戦わなければ勝点は簡単には取れないともちろん思っていますし、それをゴール前で最低限見せられたことは良かったですが試合展開を見ていたらわかるようにもう少し自分たちの時間になるような栃木らしいサッカーをもう少し見せられたら良かった。それが今の自分たちの実力だということを受け止めてまた1週間準備したいと思います。

■森俊貴選手
ー試合を振り返っていただけますか
少し水戸さんの攻撃のやり方に自分たちが後手を踏んでしまったのかなと思います。
ー先制点の場面を振り返って
(大島)康樹が持ったところからしか覚えていないのですが、康樹がクロスを上げてくれて軌道が相手のセンターバックの選手は僕の感覚では届かないのかなと思ったので、そこでシュートを打てるように動いて、案の定相手が届かなかったのでフリーで打つことができたのかなと思います。もう少しミートしたかったのですが、少し風も強くてボールが思ったより伸びなかったので少し力が抜けた感じになったのですが、うまく相手のゴールキーパーの逆を突くコースに打つことができました。

フォトギャラリー