GAME
試合

結果(詳細)

試合日程へ

第9節 2021/04/21(水) 19:03〜 カンセキ(2,951人) 晴 主審:清水 勇人 副審:塚越 由貴 , 蒲澤 淳一

栃木SC
森 俊貴 24'
面矢 行斗 56'
試合終了
2-2
1 前半 1
1 後半 1
アルビレックス新潟
矢村 健 8'
千葉 和彦 90+2'
栃木SC

監督 田坂 和昭

先 発
  • GK 1 川田 修平
  • DF 5 柳 育崇
  • DF 22 小野寺 健也
  • DF 26 面矢 行斗
  • MF 2 吉田 将也
  • MF 14 西谷 優希
  • MF 41 松本 凪生
  • MF 10 森 俊貴
  • FW 29 矢野 貴章
  • FW 13 松岡 瑠夢
  • FW 11 ジュニーニョ
控 え
  • GK 15 岡 大生
  • DF 36 乾 大知
  • MF 37 上田 康太
  • MF 17 山本 廉
  • FW 19 大島 康樹
  • FW 34 有馬 幸太郎
  • FW 27 五十嵐 理人
ゲームイベント
交代
栃木
36' MF 14 西谷 優希 → MF 37 上田 康太
54' FW 13 松岡 瑠夢 → FW 34 有馬 幸太郎
75' FW 11 ジュニーニョ → MF 17 山本 廉
新潟
77' MF 20 島田 譲 → MF 19 星 雄次
87' MF 39 矢村 健 → MF 37 三戸 舜介
90+3' MF 10 本間 至恩 → DF 50 田上 大地
イエローカード
栃木
16' 41 松本 凪生
30' 14 西谷 優希
アルビレックス新潟

監督 アルベルト

先 発
  • GK 21 阿部 航斗
  • DF 25 藤原 奏哉
  • DF 5 舞行龍ジェームズ
  • DF 35 千葉 和彦
  • DF 31 堀米 悠斗
  • MF 10 本間 至恩
  • MF 8 高 宇洋
  • MF 20 島田 譲
  • MF 39 矢村 健
  • MF 33 高木 善朗
  • FW 7 谷口 海斗
控 え
  • GK 41 藤田 和輝
  • DF 28 早川 史哉
  • DF 50 田上 大地
  • MF 6 秋山 裕紀
  • MF 16 ゴンサロ ゴンザレス
  • MF 19 星 雄次
  • MF 37 三戸 舜介

チームスタッツ

栃木SC
合 計
アルビレックス新潟
シュート数
  • DF 5 柳 育崇1
  • DF 26 面矢 行斗1
  • MF 10 森 俊貴3
  • MF 14 西谷 優希1
  • FW 11 ジュニーニョ3
  • FW 13 松岡 瑠夢1
  • FW 29 矢野 貴章2
  • DF 5 舞行龍ジェームズ1
  • DF 35 千葉 和彦2
  • MF 8 高 宇洋1
  • MF 10 本間 至恩2
  • MF 19 星 雄次1
  • MF 39 矢村 健2
  • FW 7 谷口 海斗2
CK
直接FK
間接FK
PK
GK
オフサイド

ハーフタイムコメント

栃木SC

・クロス対応、早くとること
・攻撃は最後は状況を見てプレーすること
・後半もう一回パワーアップして勝点3をとろう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督
常に悔しい結果でしたが、リスタートのところは少し個人の対応もありますので改善するしかないと思っています。全体的にいえば、スタイルの違いのあるチームで戦い、新潟には新潟のやり方があり、我々には我々のやり方があって、我々のやり方を貫き通した結果、内容的には最初のクロスをやられただけでであとはほぼ前でひっかけることができていました。昨年も首位のチームに対して良い勝負をするけれどなかなか結果を出せない状況がありました。そういった意味でも今日こそ勝ちたかったですが、まだ足りないというところは感じています。
新潟に対して2点を取りましたが、一方で相手の攻撃の特徴はカウンターであり、サイド攻撃で、1点は奪われましたけれど、ほぼ我々がプレッシャーをかけて引っかけることができたと思います。追加点が取れればというゲームだったと思うのですが、まだまだ改善しなければいけない部分があるなと思います。けれど、全体的には我々のスタイルをよく貫き通してよく走ってくれたなと思います。連戦ですので、この悔しい勝点1を、次の金沢戦へ向けて勝点3を取れるように練習していきたいと思います。

■面矢行斗選手
ープロ初ゴールとなりましたが、ゴールシーンを振り返っていただけますか
良い奪い方から良い攻撃へ繋げて、全員で守備をして連動して、攻撃に繋げて最後それをゴール前まで続けて詰めることができたので、良いゴールだったと思います。
ー最後は引き分けという結果で終わってしましたが、内容的には栃木がやりたいことができていたと思います
スタイルが違うサッカーのぶつかり合いで、できたことももちろんありましたし、それが2点に繋がっていると思います。ただ、相手のチャンスの方が多かったと思うので、そういうところでもっとできたと思う部分はあります。

■矢野貴章選手
ー勝点3まであと一歩の試合だったともいますが、今日の試合を振り返っていただけますか
最後の最後まで相手を苦しめることができたと思いますし、自分たちが狙っていたようなサッカーができたと思います。ただ、最後のセットプレーで入れられたシーンは今の新潟の強さだと思いますし、ああいったところで決められてしまうのは今のうちの弱さかなと思います。
ー後半は良い形から点を奪えました。ボランチのメンバーが今までとは異なるなか、どういう感覚で攻撃できていましたか
ボランチのメンバーが変わってもチームとしてやること自体は変わらないのですが、今日途中で交代した上田康太もそうですが、フリーで持たせたら良いところに供給できる選手なので、2点目が入った時もボランチからの縦パスで抜け出してという形でしたが、それぞれの良さが出たと思っています。

フォトギャラリー