GAME
試合

結果(詳細)

試合日程へ

第8節 2021/04/17(土) 14:03〜 フクアリ(3,777人) 曇時々雨 主審:岡 宏道 副審:赤阪 修 , 正木 篤志

ジェフユナイテッド千葉
試合終了
0-0
0 前半 0
0 後半 0
栃木SC
ジェフユナイテッド千葉

監督 尹 晶煥

先 発
  • GK 1 新井 章太
  • DF 11 米倉 恒貴
  • DF 3 岡野 洵
  • DF 13 鈴木 大輔
  • DF 22 小田 逸稀
  • MF 32 髙橋 壱晟
  • MF 15 チャン ミンギュ
  • MF 14 小島 秀仁
  • FW 39 見木 友哉
  • FW 19 大槻 周平
  • FW 16 福満 隆貴
控 え
  • GK 23 鈴木 椋大
  • DF 29 溝渕 雄志
  • DF 33 安田 理大
  • MF 5 小林 祐介
  • FW 10 船山 貴之
  • FW 8 岩崎 悠人
  • FW 40 櫻川 ソロモン
ゲームイベント
交代
千葉
77' FW 16 福満 隆貴 → FW 8 岩崎 悠人
77' FW 19 大槻 周平 → FW 40 櫻川 ソロモン
77' MF 32 髙橋 壱晟 → MF 5 小林 祐介
栃木
46*' MF 17 山本 廉 → MF 13 松岡 瑠夢
86' FW 11 ジュニーニョ → FW 27 五十嵐 理人
イエローカード
千葉
2' 22 小田 逸稀
89' 14 小島 秀仁
90+2' 39 見木 友哉
栃木SC

監督 田坂 和昭

先 発
  • GK 1 川田 修平
  • DF 22 小野寺 健也
  • DF 5 柳 育崇
  • DF 26 面矢 行斗
  • MF 17 山本 廉
  • MF 41 松本 凪生
  • MF 14 西谷 優希
  • MF 10 森 俊貴
  • FW 29 矢野 貴章
  • FW 11 ジュニーニョ
  • FW 19 大島 康樹
控 え
  • GK 15 岡 大生
  • DF 36 乾 大知
  • MF 2 吉田 将也
  • MF 37 上田 康太
  • MF 13 松岡 瑠夢
  • FW 34 有馬 幸太郎
  • FW 27 五十嵐 理人

チームスタッツ

ジェフユナイテッド千葉
合 計
栃木SC
シュート数
  • DF 3 岡野 洵1
  • MF 15 チャン ミンギュ1
  • FW 8 岩崎 悠人1
  • FW 16 福満 隆貴1
  • FW 19 大槻 周平1
  • FW 39 見木 友哉1
  • DF 22 小野寺 健也1
  • DF 26 面矢 行斗1
  • MF 10 森 俊貴4
  • MF 13 松岡 瑠夢2
  • MF 17 山本 廉1
  • MF 41 松本 凪生3
  • FW 29 矢野 貴章1
CK
直接FK
間接FK
PK
GK
オフサイド

ハーフタイムコメント

栃木SC

・守備はスライドを意識すること
・狙いは悪くないので続けていってセカンドを狙っていこう
・後半もっと情熱を持って戦うこと

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督
今日の一戦は我々にとってすごく大きな一戦でした。先日、上野佳昭さんが旅立たれて、なんとしてでも勝ちたかった試合でした。対戦相手がジェフというところで上野さんの所属していたチームでもありましたので良い試合をして勝ちたかったですが、上野さんに「お前ら勝点は1ずつな」と言われたような気がします。前半こそなかなかペースを掴めなかったですが、後半は我々らしい形もできた中で、点が取れなかったというところが引き続き改善しなければいけない部分だと思います。いま負けてはいないですが、課題を一つひとつクリアしているという部分がチームが成長しているところだと思います。守備の面でも攻撃の面でもまだまだ課題は多いですが、また一試合一試合次へ向けて、また連戦ですので良い準備をして迎えたいなと思います。

■松本凪生選手
ー今季初スタメンでしたがどんなことをイメージして試合に入ったのでしょうか
まずはこのチームの特徴である守備というところで、特殊な守備の仕方ですが1対1や球際で負けないことは意識して試合に入りました。
ー自分自身の攻撃参加についての評価は
前半は自分自身少しミスも目立つ部分もありましたが、後半はうまく試合に入れたというか自分のパスから局面を変えてカウンターへ繋げていくというところは良かったのではないかなと思います。
ー負けなかったというところはありますが無得点に終わりました、どんな部分を改善していく必要があると思いますか
僕も今日は3本くらいシュートを打ちましたが、最後の質の部分のパスだったりシュートであったりをもっと日頃からやっていくしかないのかなと思います。
ー90分走り切りましたが、感覚はいかがでしょうか
後半特に自分自身納得のいくようなプレーができましたが、結果が引き分けなのでそこはもう少しボランチからでも攻撃参加ができた部分はあると思いますので、そこからゴールにつながるプレーをもう少し増やしていけたらなと思います。

■松岡瑠夢選手
ー後半から試合に出場しましたが、どんな意識でピッチに入りましたか
前半試合を見ていて自分が入った時のプレーイメージとしては、相手が3バックできていたのでまずはそこのプレスの強度を出してパワー感を出して相手を圧倒できればと思っていました。ボールを持った時にイメージとしてはいつもと変わらずに、自分の持ち味を出そうと考えていました。
ー松岡選手が入ってから動きが活性化されたように見えました
45分という限られた時間でそこでどれだけ存在感を出せるかだと思うのですが、自分としては守備で相手に寄せきれないシーンもあったので、そこは後半から出ている選手としてはそういったシーンは一つも作ってはいけないと思っています。まだまだそこのパワーなどが足りていないなと思っています。ただ、攻撃ではいい位置で何度かボールを持ててそこでは自分のプレーを出せたと思うのですが、最後決め切るところの課題は残ってしまって非常に悔しい試合となりました。
ーここ5試合負けていないもののここ2試合は無失点です、改善点はどのような部分でしょうか
良い守備から良い攻撃へつなげるというのがチームコンセプトの一つでもあるので、今日みたいにボールを持って攻めているときも決め切りたいですが、もっとアグレッシブに前半から奪いにいって相手を威圧するような守備をして奪ってショートカウンターの数をもう少し増やせればと思っています。

フォトギャラリー