GAME
試合

結果(詳細)

試合日程へ

第3節 2021/03/14(日) 14:03〜 JITス(5,146人) 晴 主審:大坪 博和 副審:山際 将史 , 山村 将弘

ヴァンフォーレ甲府
メンデス 50'
泉澤 仁 55'
試合終了
2-1
0 前半 0
2 後半 1
栃木SC
森 俊貴 68'
ヴァンフォーレ甲府

監督 伊藤 彰

先 発
  • GK 31 岡西 宏祐
  • DF 23 関口 正大
  • DF 3 小柳 達司
  • DF 40 メンデス
  • DF 17 荒木 翔
  • MF 8 新井 涼平
  • MF 15 中村 亮太朗
  • MF 24 山田 陸
  • FW 39 泉澤 仁
  • FW 9 三平 和司
  • FW 16 野津田 岳人
控 え
  • GK 1 河田 晃兵
  • DF 30 浦上 仁騎
  • DF 13 北谷 史孝
  • MF 6 野澤 英之
  • FW 18 鳥海 芳樹
  • FW 19 宮崎 純真
  • FW 11 有田 光希
ゲームイベント
交代
甲府
80' FW 39 泉澤 仁 → FW 19 宮崎 純真
90+4' FW 16 野津田 岳人 → DF 30 浦上 仁騎
栃木
62' MF 16 菊池 大介 → MF 10 森 俊貴
62' DF 19 大島 康樹 → DF 26 面矢 行斗
62' FW 11 ジュニーニョ → FW 32 畑 潤基
73' MF 25 佐藤 祥 → MF 41 松本 凪生
86' DF 4 髙杉 亮太 → DF 22 小野寺 健也
イエローカード
甲府
51' 40 メンデス
栃木
22' 19 大島 康樹
栃木SC

監督 田坂 和昭

先 発
  • GK 15 岡 大生
  • DF 2 吉田 将也
  • DF 5 柳 育崇
  • DF 4 髙杉 亮太
  • DF 19 大島 康樹
  • MF 17 山本 廉
  • MF 25 佐藤 祥
  • MF 14 西谷 優希
  • MF 16 菊池 大介
  • FW 29 矢野 貴章
  • FW 11 ジュニーニョ
控 え
  • GK 1 川田 修平
  • DF 22 小野寺 健也
  • DF 26 面矢 行斗
  • MF 41 松本 凪生
  • MF 10 森 俊貴
  • MF 13 松岡 瑠夢
  • FW 32 畑 潤基

チームスタッツ

ヴァンフォーレ甲府
合 計
栃木SC
シュート数
  • DF 17 荒木 翔1
  • DF 40 メンデス1
  • MF 15 中村 亮太朗1
  • FW 9 三平 和司1
  • FW 39 泉澤 仁2
  • DF 5 柳 育崇1
  • MF 10 森 俊貴1
  • MF 14 西谷 優希1
  • MF 41 松本 凪生1
  • FW 29 矢野 貴章1
CK
直接FK
間接FK
PK
GK
オフサイド

ハーフタイムコメント

栃木SC

・後半、風向きが逆になるので気をつけていこう ・クロス対応のプルバックに注意すること ・中央の使い方を考えた攻撃をしていこう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督

強風の中でなかなか難しい試合展開だったということと、相手がわれわれに対して少しやり方を変えてきましたというところのなかで、前半は辛抱強く耐えました。後半に勢いを持っていきたかったのですが、後半の立ち上がりの10分間に立て続けに点を取られてしまっています。相手が何をしたというよりも、自分たちのミスからCKを与えてしまって取られてしまっていると。2失点目も弾けなくて、セカンドの球際で敗れて失点しています。

前節の試合でもそうでしたが、パワー感の部分が今回の試合でも出てしまっているので、ちょっと考えないといけないと思っています。球際で勝って、良い守備から良い攻撃を繰り出すことがいまはなかなかできていません。逆に前半のように、甲府さんが繋いできてくれたときはほぼスライドをして、危ないシーンはなかったと思います。というところで、長いボールを蹴られたときのパワー感がなかったりとかヘディングで勝てなかったりという部分がありますので、そういったところは改善していかないといけないと思っています。そのなかでも、途中から出場した選手たちが勢いを持って点をとってくれたというのもありますし、一歩一歩ですが今年のチームは少しづつ良くなっていますが、そうも言っていられないので次は勝ち切れるような準備をしたいと思います。

■髙杉亮太選手

ー開幕3連敗となりましたが、良い流れの時間帯もありましたが勝負を分けたポイントは

セットプレーの部分では警戒していたところだったので、こういった風の状況もあったので、勝負を分けるのはそこだと思っていましたが、そこでうまくやられてしまったのは非常に残念です。そのあとすぐの失点もやってはいけない場面だったと思うので、そこは反省しないといけないところだし、前半はうまく守れていたぶん、後半立ち上がりでああいう失点をしてしまうのはもったいないと思います。

ー要所で失点しまう部分について、チームとして足りない部分はどんなところでしょうか

サッカーのベースのハードワークや球際で決してやれていなかったわけではないですが、失点しているのは仕方がない部分はあるので、そこからもう一つギアを上げていくことが欲しかったと思います。失点をした時点で2点取らないと勝てない状況で、前から行くしかないし、点を取るために少し時間もありましたが、点を取るにはうまさではなくそういう部分が必要だと思うので、もう少し失点をしてからもう少し前にパワーをもってやりたかったというところはあります。

■森俊貴選手

ー途中出場でしたがそんなプレーをしようと思ってピッチに入りましたか

勝ちに来ていたので、あの状況からチームとして3点とって逆転したいねと3人で話しながら入っていきました。やはり風が吹いていましたが、相手が少し自分たちのロングボールに対してラインを下げて対応してきていたので、そこを少しでも押し上げるためにも落ち着かせたりであったり、そういった面でボールを保持できるところは繋いで見ようという意識は持っていました。

ー森選手らしい縦に運ぶようなドリブルもありましたが

先週、先々週と僕自身もチームとしても不甲斐なかったので、僕は何よりチームに迷惑をかけてしまっていたのでそこはプレーでチャンスをいただいたからには示さないといけないなと思っていました。ただやはり結果としてチームを勝たせることができなかったので、全然ダメかなとと思っています。

ーチームとして3連敗をどう捉えていますか

3連敗をしたことは現実なのでそこはしっかりと受け止めて、ただ、僕たちのスタイルは変えずにしっかり突き詰めてやれることに取り組んでいくことだと思います。

フォトギャラリー